上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kanpa01.jpg

焼きました!今度はプレーンで。

リレーに参加している皆さんはドンドン走っているので

私もがんばらねば!!





リスド100%、ホップ種15%、塩、加水60%(ホップ種含む)

被せなし、銅板なし、ガス焼き。

250℃余熱→蒸気入れ5分放置→220℃で15分焼→200℃で10分





開いた…けどバランスがよくないなー。

ガス焼きだからか?やっぱりお山になりますね〜。

kanpa05.jpg



めくれそうでめくれてない…。

あともうすこし!!

kanpa06.jpg

kanpa04.jpg

そういえば、以前は国産小麦粉をつかってカンパを焼いていました

最近から輸入小麦粉を使い始めたのでいままでのレシピだと

加水量がちょっとくるってしまうな。

調整しなきゃ。

…というわけでまた週末に走る予定!



スポンサーサイト
伏せなしカンパリレーに参戦!

でも今回は一次発酵をとりすぎたり

発酵途中でやる気が失せたりして

しょんぼりな結果となりました…トホホ…(自業自得)

でもレーズンとくるみが入っているので味は美味しかった!




とりあえず今回の記録

kanpa1.jpg

テロワール+MKTD(配合率不明)100%、玄米と穀物の酵母(元種使用)70%、塩、加水68%


kanpa2.jpg




次回は気合い入れて伏せなしカンパ焼きます!


最近バゲットばかり焼いていたので

久々にカンパーニュを焼いてみました

酵母は玄米と穀物の酵母のノア・レザン(くるみとレーズンのパン)


0322kanpa01.jpg



いつも使っていた粉を最近変えたので

加水量が解らずにメモの通りにしたら

とっても扱いにくい生地になってしまいました(バゲットなみ^^;)

何回かパンチをして生地をつなげてなんとか成形しました

ちょっと一次発酵を取りすぎたかな〜って感じです



0322kanpa03.jpg


いつもは太田幸子さんのやり方でカンパを焼いていますが

今回初めてボウルをかぶせるやり方をしました(vivianさんとそらままさんの本より)

太田さんのやり方ではお山カンパですが(これはこれでかっこいい!)

こちらもぱりっとエッジが立って素敵だなぁ

なにより水蒸気を入れなくてもよいからガスオーブンにやさしいかも^^

やっぱりガスオーブンは熱風がアレなんだよな〜と再確認もできました

箱形のボウルがあればいいのに…

そしたらバゲットもきっとかっこよく焼けるはずよー




0322kanpa04.jpg


折り込みはフィリングのバランスが悪く残念な結果に…

でも加水量が多かったので生地はしっとり♡

あとでランチでいただきます^^


| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。