上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近バゲットばかり焼いていたので

久々にカンパーニュを焼いてみました

酵母は玄米と穀物の酵母のノア・レザン(くるみとレーズンのパン)


0322kanpa01.jpg



いつも使っていた粉を最近変えたので

加水量が解らずにメモの通りにしたら

とっても扱いにくい生地になってしまいました(バゲットなみ^^;)

何回かパンチをして生地をつなげてなんとか成形しました

ちょっと一次発酵を取りすぎたかな〜って感じです



0322kanpa03.jpg


いつもは太田幸子さんのやり方でカンパを焼いていますが

今回初めてボウルをかぶせるやり方をしました(vivianさんとそらままさんの本より)

太田さんのやり方ではお山カンパですが(これはこれでかっこいい!)

こちらもぱりっとエッジが立って素敵だなぁ

なにより水蒸気を入れなくてもよいからガスオーブンにやさしいかも^^

やっぱりガスオーブンは熱風がアレなんだよな〜と再確認もできました

箱形のボウルがあればいいのに…

そしたらバゲットもきっとかっこよく焼けるはずよー




0322kanpa04.jpg


折り込みはフィリングのバランスが悪く残念な結果に…

でも加水量が多かったので生地はしっとり♡

あとでランチでいただきます^^


スポンサーサイト

Comment

はじめまして
訪問ありがとうございます。
私はフィリングの折り込み苦手です(笑)なんかバランスよく入らないんですよね~
でもレーズンたっぷりでとっても美味しそうですよ。
コメントありがとうございます!
>ゆみちゃんさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。
だいぶお返事が遅くなってすみません。
フィリングのバランス難しいですよね。私も苦手です^^;
でも色々やってみてミルフィーユみたいに重ねて織り込むやり方が一番バランスよくできた気がしましたよー。

Post Comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。